むし歯の進行とその治療の流れ|北千住の歯科、歯医者

お気軽に診療予約・お問い合わせください

  • 006697181998

    0338812572

  • ネット予約

受付 10:00〜13:00 / 14:30~19:00 ※土曜は18:00まで。木曜、日祝休診

TOPICS

むし歯の進行とその治療の流れ

むし歯と言っても、その進行状況によって、治療法やその後の寿命が大きく変わってきます。

早く見つけられば削らなくて済むこともありますし、発見が遅れると著しく歯の寿命を短くしてしまう事になります。

むし歯の進行度合いはC0(シーオー)からC4のアルファベットと数字で表します。

 

 

●C0(シーオー)

むし歯のなりかけの状態です。

この段階で発見できれば、フッ素を使ったり、日頃の習慣(歯磨き、キシリトールの摂取など)に気を使うことで健康な状態に戻る可能性があります。状態が良くなるまで歯科医院で経過観察をしていきます。

 

●C1

比較的に軽度なむし歯ですが、まだ痛みなどが無い状態です。

この状態で発見された場合はむし歯を削ってCR(コンポジットレジン)と呼ばれるプラスチックの材料を使った治療などを行います。

*削らずに様子を見る場合があります。

 

●C2

この段階になると、冷たいものや甘いものがしみるといった症状が現れてきます。C1と同じような治療、もしくは大きめのむし歯の場合は型取りをして、「詰め物」や「かぶせもの」を作る事もあります。

 

*C2かC3かで歯の神経が残せるか?の瀬戸際になり歯の寿命にも大きくかかわってきます。

 

●C3

ここまでむし歯が進行すると、歯に穴が開き、かなりの痛みを伴ってきます。

歯の内部にある「神経」が細菌に侵されているのです。

麻酔下で「神経」を除去し、歯の内部の「細菌」を徹底的に除去していきます。(根管治療)

内部の神経が入っていた管(根管)は、かなり狭く複雑になってる事が少なくなく、治療に回数もかかる事があります。

最終的には、「かぶせもの」または、状態によっては「詰め物」を製作します。

「神経」を除去してしまうと、歯が脆くなり歯の寿命が著しく短くなります。

 

●C4

歯の大半がむし歯になってしまった状態です。

すでに「神経」が死んでしまい痛み感じない事がありますが、放置すれば歯を支えている骨(歯槽骨)が溶けたり、感染が酷くなると、腫れを起こしたり、膿みがたまったり、もちろん痛みを伴います。

「かぶせもの」を製作するか、最悪には「抜歯」をする事になるでしょう。

早期の治療が必要と思われます

 

 

このようにむし歯は早期発見、早期治療する事で、痛みなどで苦しまないで済みますし、削るのが少なければそれだけ歯の寿命が長くなりますし、治療も簡単で治療回数も少なくなります。

日常の診療で、「もう少し早く来てくれば神経を取らなくすんだのに」と思う事がただあります。

そう思う患者さんが無くなる事を切に願います。

 

もし、痛くないからとむし歯を放置している方がいましたら、早く歯科医院を受診して下さいね。

一生自分の歯で食べたいと思うなら。。


 

 

ウルタ歯科医院  潤田 眞

ページトップへ戻る