産前・産後の治療|北千住の歯科、歯医者

お気軽に診療予約・お問い合わせください

  • 006697181998

    0338812572

  • ネット予約

受付 10:00〜13:00 / 14:30~19:00 ※土曜は18:00まで。木曜、日祝休診

TOPICS

産前・産後の治療

妊娠中に虫歯になってしまったら・・・

 

妊娠中はレントゲンや麻酔の影響が気になるところ。

しかし、歯科のレントゲンは放射線量が極めて少なく、虫歯もごく少量の局部麻酔ですので、赤ちゃんへの影響はまず心配ありません。

また、妊娠中はその時期によって多少の注意が必要です。

 

 

・妊娠していることをお知らせください

安全な治療をお受けいただくため必要です。

妊娠している場合には必ずお知らせください。

 

・母子健康手帳を忘れず持参

治療方針を患者様の状況によって変えます。

妊娠状況の記されている母子健康手帳を忘れずお持ちください。

 

・産婦人科の先生にあらかじめ相談を

歯科受診前に産婦人科の先生にご相談をしてください。

必要に応じて、協力をすることでスムーズな診療をいたします。

 

 

◆妊娠初期(16週くらいまで)

安定期に入るまでは緊張やストレスに気つけましょう。

長い時間の治療はできるだけ避け、応急処置を中心に行います。

また薬にも注意が必要です。

 

◆妊娠中期(17~28週くらいまで)

安定期であるこの時期は、ほぼ通常通りの治療ができます。

産後はしばらくは治療がしにくくなるので、すでに虫歯などがある場合にはこの時期に治すよう心がけましょう。

 

◆妊娠後期

出産を控え、子宮に血液が集まりはじめます。

そのため、治療中に貧血となる恐れがあります。

またストレスによる早産の恐れもありますので、できるだけ軽めの治療にとどめておきましょう。

 

 

ウルタ歯科医院  潤田 眞

ページトップへ戻る