口内炎を早く治すには?|北千住の歯科、歯医者

お気軽に診療予約・お問い合わせください

  • 006697181998

    0338812572

  • ネット予約

受付 10:00〜13:00 / 14:30~19:00 ※土曜は18:00まで。木曜、日祝休診

TOPICS

口内炎を早く治すには?

「口内炎」は誰でも経験したことありますよね。

食事したり、話したりしたりするだけで痛みを感じて、とても嫌なものです。

「口内炎」とは、お口の中の粘膜にできる炎症です。

お口の中には、必ず常在菌がいます。

粘膜に傷ができたり、ストレスなどで免疫力が低下した時に、その細菌に感染を起こして口内炎になるのです。

大体、一週間から10日前後で治ってしまいますが、口内炎を早く治すためにはどしたら良いでしょうか?

 

対処法①

口内炎になる原因は、口を何かの原因で傷つけてしまったり、ビタミンB2不足、ストレス、アレルギーなどと言われています。

すでに炎症を起こしているということは、お口の中で細菌感染を起こしていることですからお口の中を清潔にすることが大切なのです。

とはいえ、マウスウォッシュ(洗口剤)では刺激が強すぎて痛かったり、やり過ぎて良い菌を殺してしまう可能性がありますので気を付けて下さいね。

そこでお勧めなのが「生理食塩水」です。

毎食後、これを使って30秒程度のブクブクうがいを3回繰り返します。

1日5回以上行うとより効果的ですね。

 

~生理食塩水の作り方~

水1リットル(水道水)に食塩9グラム(小さじ2杯弱)を混ぜて下さい。

 

対処法②

さらに効果を高めるためには、口内炎用の塗り薬やパッチなどがあります。

歯科医院でも処方してくれます。

 

IMG_0355

 

1日数回、口内炎を保護するように、塗布して下さい。

炎症を抑えて、痛みを軽減してくれます。

また、ビタミンB2不足が原因の場合には飲み薬なども有効です。

ストレスの場合、抵抗力を高めるように体を休める事も必要です。

いずれの場合も、まずはお口の中を清潔にしておくことが重要です。

 

対処法③

家庭ではできませんが、当院では口内炎に対してレーザー治療を行うことが出来ます。

ほとんど痛みを感じず、レーザーをその患部に照射する事で接触痛を和らげ早く治す効果があります。

治療をご希望の方は、お気軽にご相談下さい。

 

co2raser

 

詰め物やかぶせもの、または歯が尖った所があったり、入れ歯が当たって傷が出来ている場合は、それを治さないと口内炎は良くなりません。

そうでない口内炎は10日前後で自然治癒しますが、同じような症状が2週間以上続く場合は口腔がんといった他の疾患の可能性がございます。

けして自己診断せず、必ず歯科医師に相談しましょう。

 

 

ウルタ歯科医院   潤田 眞

ページトップへ戻る