大切な歯、失ってしまったら...|北千住の歯科、歯医者

お気軽に診療予約・お問い合わせください

  • 006697181998

    0338812572

  • ネット予約

受付 10:00〜13:00 / 14:30~19:00 ※土曜は18:00まで。木曜、日祝休診

TOPICS

大切な歯、失ってしまったら…

歯の抜けた状態では、「うまく話せない」「食べ物を噛むのが大変」など、さまざまな影響が生じます。

 

自分の歯を健康に維持する事が一番ですが、永久歯を失ってしまったら、その部分をきちんと治療して手入れしていく事が大切です。

 

di030227

 

 

治療には、色々な方法がありますので、自分に合った治療法を、歯医者さんと充分に相談して選択していきましょう。

 

 

 

 

①入れ歯

 

歯が全く無く歯茎のみに負担をかける「総入れ歯」と、歯が残っていて留め金をかけて歯と歯茎で支える「部分入れ歯」があります。

 

取り外し出来ます。

 

「総入れ歯」

di030301

 

 

「部分入れ歯」

di030310

 

 

長所

 

○歯をほとんど削らず、外科的処置も必要もなく、体に対して優しい(侵襲が少ない)

 

○比較的に短期間で治療が受けられる。

 

○壊れた場合、簡単に修理しやすい。(材質による)

 

○取り外しが出来る為、痛い時に調整しやすい。

また、自分で清掃しやすい。(自分で清掃困難な方には、特に衛生的)

 

 

短所

 

○異物感、違和感を感じやすい。

 

○部分入れ歯の方は、留め金(クラスプ)が見える事で審美性が損なわれる事がある。

(留め金がなく、審美性を損なわない入れ歯もあります)

 

○硬い物や、粘り気のある食べ物に苦労する事がある。

 

 

 

 

 

②ブリッジ

 

2本以上の歯を削って、型を取り、人工の歯を被せて接着剤で固定する治療法

 

 

di030228di030235

 

di030221

 

 

長所

 

○歯肉を切ったり、骨を削るなどの外科的処置が必要がない。

 

○歯を土台にして接着剤で固定しているので、自然な感覚で食事が出来る。(異物感、食感、味覚)

 

○被せる歯を選べば、見た目が良い(セラミックなど)

 

 

短所

 

○削る必要のない歯(虫歯でない歯)を削る必要があります。

 

○支える歯に負担がかかる。

 

○ない歯の前後の歯が2本以上必要である。

 

 

 

 

③インプラント

 

歯は削らず、骨の中に人工歯根である金属(チタン)を埋め込み、その上に人工の歯を被せる治療法。

 

di030207di030208

 

 

長所

 

○健康な歯を削る必要がなく、残った歯に負担がかからない。

 

○違和感、異物感がない。

 

○留め金など必要がないので、見た目が良い。

 

○噛む感覚は比較的良い(骨に直接つながっている為、食感としてはブリッジよりはやや劣る)

 

 

短所

 

○歯は削らないが、外科的処置が必要である。(骨に埋め込む)

 

○インプラントを支える骨の状態(太い神経に損傷を与える危険性など)によっては、困難な場合がある。(他の外科的処置が必要な事がある。)

 

○保険治療内では出来ない(高価)

 

○外科的処置が必要なので、骨粗しょう症や重度な糖尿病など全身疾患のある方は出来ない

 

 

 

 

残念な事に歯を失ってしまった場合、色々な選択肢があります。

 

ですが、治療法にはそれぞれ一長一短があります。

 

1本失う事で、何かに(骨や他の歯など)負担を強いられなければなりません。

 

何が自分の条件に合うか?歯医者さんと一緒に考え、慎重にベストな治療法を選ぶ事が重要です。

 

 

 

ウルタ歯科医院    潤田 眞

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページトップへ戻る