抜歯したらそのままでいいの?|北千住の歯科、歯医者

お気軽に診療予約・お問い合わせください

  • 006697181998

    0338812572

  • ネット予約

受付 10:00〜13:00 / 14:30~19:00 ※土曜は18:00まで。木曜、日祝休診

TOPICS

抜歯したらそのままでいいの?

歯を抜いて見た目もおかしくないし食べれるからと言って、そのままで平気でしょうか?

 

いや、そのまま放置してしまうと大変な事になります。

 

 

 

○両端の歯が傾き動き出します

 

○噛みあっていた歯が伸びてきます

 

○食べ物が詰まりやすくなります

 

○噛む機能が低下します

 

 

 

以上のようになる事で、お口の中はもちろん体全体にも影響が出てきます。

 

では、どのような影響があるのでしょう??

 

 

 

①お口の中の影響

 

抜歯した所に食べ物が詰まり易くなり、歯ブラシも届きにくくなります。

 

そうすると、細菌の温床になり繁殖を起こします。

 

結果、両端の歯が虫歯になったり、周囲に歯周炎を起こします。

 

 

また噛みあっていた歯が伸びる事で、その歯がしみてきたり、グラグラしてきて寿命を縮める事になります。

 

 

 

②体への影響

 

歯が動く事で噛みあわせが狂ってしまい、抜いた所だけではなく、顔全体も歪んできます。

 

また、体全体にも顎を支える筋肉のバランスが悪くなる事で、頭痛、肩こり、腰痛などを引き起こす事もあります。

 

 

 

 

放置してしまい、動いてしまうと簡単に治せる事が出来なくなります。

 

元に戻すには、矯正治療が必要になったり、歯を沢山削って調整しなければならなかったりします。

 

治療期間や費用が余計に掛かってしまうだけではなく、残ってる歯の寿命を縮める事になりかねません。

 

 

 

歯を失わない様にする事(歯ブラシ、定期健診など)は何より大切です。

 

しかし、残念な事に歯を失ってしまい、痛くないからと放置してしまう事は絶対にしないでください。

 

 

1本歯を失う事は、他の歯や体に対する影響は大きいのです。

 

 

 

ウルタ歯科医院   潤田 眞

 

 

ページトップへ戻る