その他|北千住の歯科、歯医者

お気軽に診療予約・お問い合わせください

  • 006697181998

    0338812572

  • ネット予約

受付 10:00〜13:00 / 14:30~19:00 ※土曜は18:00まで。木曜、日祝休診

TOPICS

歯周病が招く全身の病気

  あけましておめでとうございます。   昨年は社会的にも色々なことがおこり、 大変な一年でしたね。   楽しみだったことが無くなってしまったり、 逆に新たな楽しみを見つけたりと、 様々な変化があったことかと思います。   「健康の大切さをあらためて実感した」...
続きはこちら

歯ぎしり・食いしばりにご用心

  こんにちは。 12月に入り、いよいよ冬の寒さも これから本格的になってまいります。   ところで、皆さまはこういった 寒さや痛みに耐えようとする時、   知らず識らずのうちに 歯を食いしばっている!   ……ということはありませんか?   &nb...
続きはこちら

知覚過敏の原因と治療

虫歯ではないのに、冷たいものを口にしたときや、歯ブラシの毛先が触ったとき、場合によっては風があたっただけで、痛みを感じることがあります。   それは「知覚過敏」かもしれません。   虫歯や歯周病じゃないから、といって我慢してると、歯の神経を取らなくてはならなくなってしまうこともあります。 もちろん、虫歯や歯周病になっているときや、歯周病の治療中にも知覚過敏になることがあります。...
続きはこちら

どんな麻酔法があるのですか?

歯科治療では麻酔をする事が多いですが、皆さんは特に不安があると思います。 しかし麻酔は治療において、痛みを無くしストレスを軽減してくれます。 さて、どのような麻酔法が一般的にあるのでしょう?   今回は歯科治療でよく行われる麻酔法の種類をご紹介しますね。     ①表面麻酔法 歯茎の表面に塗布をする麻酔法です。 それ自体には、それ程の麻酔の強さはありませんが、麻酔の針...
続きはこちら

取れた「つめもの」を飲み込んでしまったのですが?

歯を削ってしっかり付けた詰め物。 しかし、詰め物は人工的なものですから、時間の経過と共に劣化していきます。 決して一生使えるものではなく、段差が出来たり、歯と詰め物との接着が弱くなったり、むし歯が再発したりして、どうしても外れてしまうことがあります。   外れたのに気が付かなく、誤って飲んでしまった… いったい大丈夫なのでしょうか?     ~多くはそのまま排出される...
続きはこちら

ページトップへ戻る