むし歯の意外なお話‼|北千住の歯科、歯医者

お気軽に診療予約・お問い合わせください

  • 006697181998

    0338812572

  • ネット予約

受付 10:00〜13:00 / 14:30~19:00 ※土曜は18:00まで。木曜、日祝休診

TOPICS

むし歯の意外なお話‼

意外に知らないむし歯の基礎知識をご紹介したいと思います。

 

①神経を取ると・・・

むし歯が酷く深くまで進行してしまうと、残念ですが「神経」を取らなければなりません。

「神経を取れば、しみないし痛くならないし大丈夫」と誤解がありますが、それは大きな間違いなのです。

確かに歯の知覚が無くなりますが、これは恐ろしい事で、またむし歯になっても痛みを感じないので、酷くなるまで気づきにくい事でもあるのです。

また、神経を取る事で歯に通っている血管も取る事なので、歯に栄養が供給されなくなります。

したがって、歯が脆くなり、破折の原因にもなります。

歯の色も黒変していきます。

むし歯が出来て進行すると歯を支える「骨」にまで細菌が到達し、顎骨が激しい痛みを引き起こすこともあるのです。

健康な神経があるのとないのでは歯の寿命を左右するのです。

 

②治療したところほど要注意

「つめもの」や「かぶせもの」が装着され「治療が終わってもう安心だ」「もうむし歯にならない」と思われる方も少なくないでしょう。

しかしそれは危険。

もちろん、「詰め物」や「かぶせもの」は精度高く作られますが、人工なものなので劣化は否めません。

歯との隙間からまた感染する恐れがあります。

また、一度むし歯になった所は、プラーク(歯垢)が溜まりやすいと言う事ですから、気を付けないと再発し易いともいえるのです。

ですので治療したところほどしっかりケアする必要があるのです。

 

③削らなくて良いむし歯

正確には「むし歯」ではなく「初期むし歯」といわれるものです。

歯の表面が白斑や茶色になっている場合です。

そこでケアを怠ると、むし歯が進行してしまい削る必要があるむし歯になってしまいます。

「初期むし歯」ならば、治療せずに適切なケアによって進行を防ぐことができます。

 

むし歯は「痛くなってから」では、神経をとったり「つめもの」「かぶせもの」を外しての大掛かりな治療になってしまい良い事ありません。

早期発見、早期治療です。

是非、しっかりケアをして、定期検診を受けてくださいね。

 

 

 

ウルタ歯科医院   潤田 眞

 

 

ページトップへ戻る