乳歯のむし歯はどうしたら良い?|北千住の歯科、歯医者

お気軽に診療予約・お問い合わせください

  • 006697181998

    0338812572

  • ネット予約

受付 10:00〜13:00 / 14:30~19:00 ※土曜は18:00まで。木曜、日祝休診

TOPICS

乳歯のむし歯はどうしたら良い?

子供の歯が虫歯になってしまったみたい・・・

どうせ乳歯は生え変わるからと言って放置してはいけません。

もし放置してしまうと、痛みも感じますし、次に生えてくる永久歯に様々な影響を及ぼします。

乳歯でも治療する事は大切な事なのです。

 

 

①乳歯は小さく歯質が弱いのでむし歯が神経に達しやすく、故に痛みで辛い思いをします。

 

②むし歯が進行してしまい乳歯が崩壊してしまい、その結果生え変わる時期よりも早く抜歯になると

隣の歯が動いてしまい永久歯の生えるスペースが無くなり、将来の歯並びに影響を及ぼします。

 

③歯の痛みで十分に嚙めなくなると、顎の発育に影響を与えます。

 

④むし歯が酷くなると乳歯の下にある永久歯に影響を与えて、生えてくる永久歯の表面が弱くなったり(エナメル質形成不全)、変色したり、むし歯になるリスクが高くなります。

 

歯の治療は、大人でも怖いものですよね。

大人と違って、子供のむし歯の治療は、子供の年齢や、進行度合いによって変わってきます。

初めてで恐怖心がある場合は、いきなり治療しないで会話したり、器具をみせたり、トレーニングをして

不安を無くして治療に入る事も必要です。

歯医者さん嫌いにならないようにする事も大切ですね。

 

では、いったいどんな治療法があるのでしょうか?

 

①むし歯の進行止めの薬(サホライド)

薬の沈着(フッ素)により、初期むし歯の進行を抑えることができますが、むし歯の部分が黒くなるのが欠点です。

一時的に小さな子供で治療が困難の場合などに有効です。

治療が出来る時期に来たら、通常の治療をしましょう。

 

②白い詰め物(プラスチック)

小さなむし歯など削る量が少ない場合にプラスチックで詰めます。(コンポジットレジンと言います)

即日出来、よく行う治療法です。

 

③銀歯

むし歯が深く神経まで達してしまい治療をした大きなむし歯や、削る量が多い時はプラスチックではなくて銀歯を被せます。

 

④抜歯

残念な事に、残す事ができない場合は乳歯を抜きます。

まだ永久歯が生える時期ではない場合は、後継永久歯の生えるスペースを確保する為の固定が必要な場合があります。

 

 

子供の歯には「大人の歯へバトンタッチする」という大切な役割があります。

また、むし歯があるとよく噛めなくなり、早食いや丸のみなどの習慣がつく事になり肥満や糖尿病にもつながるリスクもあります。

子供の頃から、親子でむし歯には気を付けて、歯を大切にしましょう。

 

 

 

ウルタ歯科医院   潤田 眞

ページトップへ戻る