金属を使わない治療「ノンメタル治療」|北千住の歯科、歯医者

お気軽に診療予約・お問い合わせください

  • 006697181998

    0338812572

  • ネット予約

受付 10:00〜13:00 / 14:30~19:00 ※土曜は18:00まで。木曜、日祝休診

TOPICS

金属を使わない治療「ノンメタル治療」

個人差はありますが、被せ物など治療で使用した金属が長期間お口の中に存在することで、お口の中のトラブルやアレルギーといった全身の健康に影響する場合があります。

 

このような場合、お口の中で使われている金属を身体に優しい材質に置き換える治療がノンメタル治療です。

 

金属アレルギーなど心配な方が、金属アレルギーの予防として行うこともあります。

 

di030220

 

 

「金属を使う治療のリスク」

 

①ガルバニー電流

 

アルミホイルや金属製のスプーンを噛んだ時にキーンとした経験はありませんか?

 

その正体がガルバニー電流です。

 

口は脳に近い場所に位置しており、口の中で電流が発生すると、様々な身体の不調をもたらす事があると考えられています。

 

 

②金属アレルギー

 

長い間、口の中に金属が入ったままになると、唾液、食物、細菌が出す酸など様々な影響で金属がイオン化し溶け出し、歯茎、唇、舌などに炎症、味覚障害を起こしたり、血液から全身に取り込まれアレルギー反応を起こす場合があります。

 

 

③歯ぐきの着色

 

口の中の金属が時間の経過と共にイオン化し溶け出し、歯ぐきが黒っぽく変色してしまう事があります。

 

 

 

「ノンメタル治療に使う素材」

 

●詰め物、被せ物  (オールセラミック、ジルコニアなど)

 

●被せ物の土台(ファイバーの土台)

 

●入れ歯(金属のバネを使用しない入れ歯)

 

 

*ほとんどの場合、健康保険が適用になれません。

 

お気軽にご相談下さい。

 

 

ウルタ歯科医院   潤田  眞

ページトップへ戻る