貴方の歯茎は歯周病かも?|北千住の歯科、歯医者

お気軽に診療予約・お問い合わせください

  • 006697181998

    0338812572

  • ネット予約

受付 10:00〜13:00 / 14:30~19:00 ※土曜は18:00まで。木曜、日祝休診

TOPICS

貴方の歯茎は歯周病かも?

こんな事思いあたりませんか?

 

 

 

□朝起きた時、口の中が粘ついたり妙な味がする

 

□歯を磨いた時、歯茎から出血する事がある

 

□歯茎が赤く腫れたり痛む事があり、血や膿が出る

 

□冷たい水を飲むと虫歯もないのにしみて痛い

 

□口臭があり、親しい人から口が臭いと言われた事がある

 

□歯と歯の間に食べ物がよくつまる

 

□鏡を見ると、歯が長くなったように感じる

 

□歯がぐらぐらと動く感じがする

 

 

 

これらの症状がある方は歯周病かもしれません。

 

 

 

 

歯周病とは、歯を支える組織に炎症が起こる病気です。

 

 

まず、歯周病の原因菌を含むプラーク(細菌の塊)が歯の周りに付着することで歯肉に炎症(出血、腫れ、膿みが出る)が起こります。

 

その時点で適切なクリーニング、ブラッシングによりプラークを除去する事で改善されます。

 

ですが、放っておくとさらに進行して歯槽骨(歯を支えている骨)が細菌に感染して、炎症と骨の破壊が起こります。

 

最終的には、歯が抜け落ちてしまう怖い病気です。

 

 

歯を失う原因で一番多いのは、虫歯ではなく実は歯周病なのです。

 

di020205

 

また、歯周病菌が全身の様々な疾患(心臓病、肺炎、糖尿病など)の原因に影響を与えています。

 

糖尿病患者は歯周病になりやすく、歯周病が進行すると糖尿病が悪化するとも言われています。

歯周病は生活習慣病の一つと言えるでしょう。

 

 

 

 

歯周病を進行させない為には、以下が重要です。

 

①定期的な検査

 

②毎日のセルフケア(歯磨き、生活習慣の改善)

 

③歯科医院で受けるプロフェッショナルケア(歯石の除去、クリーニング、ブラッシングの見直しなど)

*歯石とは歯垢が固まった状態で、自分でのブラッシングで取る事は難しいです。

 

 

 

 

 

歯周病はプラーク(歯垢)がたまることで始まります。

 

症状が出てからではなく、普段から気をつけている習慣が必要なのです。

 

di060101

 

ページトップへ戻る