どんなおやつがむし歯になりやすいのですか?|北千住の歯科、歯医者

お気軽に診療予約・お問い合わせください

  • 006697181998

    0338812572

  • ネット予約

受付 10:00〜13:00 / 14:30~19:00 ※土曜は18:00まで。木曜、日祝休診

TOPICS

どんなおやつがむし歯になりやすいのですか?

おやつはとても美味しくて、楽しみの一つですよね。

でも、むし歯が心配。

むし歯とは虫歯菌が口の中で糖分で酸を作り、歯を溶かすことです。

普段、むし歯になりかけると唾液がそれを修復(再石灰化)してくれますが、長時間口腔内に糖分があると再石灰化が追い付かずむし歯になってしまうのです。

糖分の中でも一番むし歯に危険なのは砂糖(ショ糖)です。

つまり、「砂糖が多く含まれ、お口の中に残る」がむし歯になりやすいと言えるのです。

 

 

 

ではむし歯になる危険なおやつは何なのでしょうか?

 

①とてもむし歯になりやすい

ガム・キャラメル・グミ・飴、クッキー・チョコ・和菓子など

(砂糖を多く使用し、食べ終わるまで時間かかりなかなかとれない。もっともむし歯になりやすいおやつです)

 

②むし歯になりやすい

ケーキ・シリアル・アイスクリームなど

(砂糖が使われていますが、さくさくパリパリあるいはすぐに溶けてしまうなど口に含んでいる時間が短いおやつ)

 

③比較的むし歯になりにくい

砂糖不使用のせんべいやクラッカー・ポテトチップス・スナック菓子など

(砂糖が使われておらず口に含んでいる時間も短いため、むし歯になる危険性は比較的低いといえます)

 

 

食べる時に、糖分が一切入ってないおやつだけを選ぶのはとても大変ですよね。

先述べたように、ポイントは糖分がお口の中にある時間をできるだけ短くすることなのです。

すなわち、だらだら食べずに決まった時間に適量を食べましょう。

また、だらだらはむし歯だけではなく肥満の原因にもなりますよ。

 

①おやつの時間をしっかり決めて、それ以外の時間に食べることを控える。

②適切な量だけを食べる

 

もちろん美味しい時間の後の歯磨きは大切な事ですからね。

くれぐれも忘れずに!

 

 

 

 

ウルタ歯科医院    潤田  眞

ページトップへ戻る