どうして歯を磨いているのに虫歯になるの?|北千住の歯科、歯医者

お気軽に診療予約・お問い合わせください

  • 006697181998

    0338812572

  • ネット予約

受付 10:00〜13:00 / 14:30~19:00 ※土曜は18:00まで。木曜、日祝休診

TOPICS

どうして歯を磨いているのに虫歯になるの?

毎日しっかり歯磨きしているのに、なぜ虫歯になるのだろう?という方がいます。

 

一方、あまり歯磨きをしなくても虫歯にならない人もいます。

 

それはなぜでしょうか?

 

 

確かに、歯磨きの仕方に問題があるのかもしれません。

 

しかし、実は虫歯の原因は虫歯菌だけではなく、宿主(唾液の量、歯の質)食事の頻度(糖質)などの個人差で決まってきます。

 

すなわち、虫歯に弱い状態(唾液の分泌量が少なかったり、抵抗が低い)にあった場合、虫歯菌が定着し、虫歯菌の栄養(糖質)がある事で歯垢(プラーク)が作られます。

 

その関わり合う時間が長くなるので虫歯になるリスクが高くなってしまうのです。

 

よく咬んで(唾液の分泌の増加)、だらだら食べず、食べた後はきちんと歯磨きをし、フッ素などで強い歯にしていく事が必要ですね。

 

当院では個人にあった正しいブラッシングの仕方やコツ、歯質を強く丈夫にする為の予防法も提案させて頂いております。

 

お気軽にご相談下さい。

 

P1010384

ページトップへ戻る