一般歯科|北千住駅 歯科、歯医者 定期検診・審美歯科・小児歯科 | ウルタ歯科

ウルタ歯科医院

  • 「北千住」駅徒歩5分
  • 午前 / 10:00~13:00
  • 午後 / 14:30~19:00(土曜は18:00まで)
  • 休診日 / 木曜・日曜・祝日
診療のご予約・お問い合わせはこちら	通話無料 0066-9718-1998	IP電話・光電話の方は  ☎03-3881-2572 へ
ネット予約24時間受付中

一般歯科


歯周病

歯周病は、別名歯槽膿漏とも言われ、歯を支えている骨が溶けることで様々な障害が起こる疾患です。進行すると、歯がぐらぐらする、歯肉からの出血・腫れ、口臭、歯が痛む・しみる、歯並びが悪くなるなど、挙げるとキリがありません。もちろん、進行を放っておくと最終的には歯が抜けてしまいます。生活習慣病の1つで、歯を失う原因で多いのは歯周病なのです。

  • 健康な状態です。歯と歯肉の間にある溝を「歯肉溝」、歯を支える骨を「歯槽骨」と言います。
  • 歯垢が付着すると、歯肉が赤く腫れます。歯垢を取り除けば健康な状態に戻すことができます。
  • 歯肉が腫れ、炎症を起こし始めます。炎症によりさらに歯石が増え、進行が早まります。
  • 歯槽骨が溶け始め、歯がグラつき始めます。何もしていなくても激痛が起きるようになります。
  • ついに歯が抜けてしまいます。STEP3からここまではほんのわずかな期間で進行します。

歯周病は、歯垢の付着さえ防げば100%予防できます。歯垢とはプラークとも呼ばれ、食べかすや糖分により繁殖した細菌の塊です。きちんとブラッシングを行っていても、完全に歯垢を自分自身で取り除くのはほぼ不可能です。歯垢が固まったものが歯石です。歯石になってしまうと、もう日常のブラッシングでは取り除けません。当院も含め、多くの歯医者では歯石の除去・クリーニングを承っておりますので、歯周病になる前に除去することが大切です。当院では歯石除去の後、ブラッシング指導も行っております。

歯周病と全身疾患

歯周病の原因となる最近「歯周病菌」が脅かすのは、お口の健康だけではありません。歯茎の血管を通じて身体全体の血液中に、また唾液から身体の中に流れ込み、臓器などに悪影響を及ぼします。これが原因で病気の発症、進行を早めることになることが、研究により明らかにされています。

代表的な病気は、糖尿病などの生活習慣病です。生活習慣病にかかると歯周病になりやすく治りにくくなります。重度の歯周病の場合、血管が詰まる・破裂するなどして脳卒中、心筋梗塞などの症状を引き起こします。

まだ、妊娠されている方、これからされる予定の方も要注意です。歯周病菌が血液を通じて子宮へ達し、子宮の収縮を早めて早産になることがあります。また、胎児の成長を妨げて低体重児となることがありま


「腫れ」「痛い」「出血」を軽減する!効果的なレーザー治療(炭酸ガスレーザー)

当院は治療によってレーザー治療を行えます。
レーザー治療とは、メスなどを使用せずレーザー光線を使用する事で効果を出す治療法です。


・熱作用(菌など蒸発、組織の凝固)
・圧力作用(組織の活性化)
・光作用(組織の色素変化)
が働きます。
今までの治療にプラスする事で治りがより早く良くなります。



○炭酸ガスレーザー


当院のレーザーは日本の歯科医院で最も使用されている機器で、岩盤浴でもご存知の遠赤外線の波長を持っています。

なので、生体にとって安全で血行を良くして、治りを早める効果があります。
レーザーの照射部が患部と接触せず使用出来るので衛生的でもあります。



○主な効果


1.腫れ、痛み、出血を和らげる効果
2.殺菌効果
3.免疫機能の促進

主な治療

■歯槽膿漏の改善
炎症を起こしている歯茎にレーザーをあてる事によって、
腫れ、痛み、出血を和らげる事が出来ます。
また殺菌効果もあります。

■口内炎、口角炎の治療
患部にレーザーをあてる事によって、患部を被覆し、痛みを軽減させ早く治します。

■知覚過敏症の軽減
レーザーと知覚過敏の薬を併用する事で痛みを軽減させます。

■抜歯後の止血、術後の痛み、腫れの緩和
出血を抑え、術後の痛み腫れの軽減、また治りを早くします。

■歯肉に付着したメラニン色素の除去
数回レーザーを当てる事で黒ずんだ歯茎を痛みも少なく、きれいな歯茎へと変えていきます。

■虫歯予防
歯質にあてる事により、殺菌効果、フッ素の吸収を良くします。

■義歯による接触痛の緩和
義歯不適合によって、できた潰瘍にレーザーを照射することによって接触痛を軽減します。


○また、治療の様々な場面でレーザーを応用することで有効な結果を得る事ができます。

親不知


親不知は、永久歯の中で1番最後に生えてくる歯のことを言います。親不知はよく、トラブルの原因になることが多いと言われていますが、それはなぜなのでしょうか。

昔に比べてあまり硬いものを噛まなくなったため、人間の顎は徐々に退化していきました。しかし、生える歯の本数は昔と変わらないため、1番最後に生えてくる親不知のスペースが足りず、まっすぐと生えることができなくなり、トラブルの原因になることが増えているのです。

親不知は不要な歯というわけではありませんので、必ずしも抜歯する必要はありません。抜歯の必要がある場合は、以下の4つです。

○まっすぐ生えていない場合

斜めや横向きに生えてしまった親不知は、きれいにブラッシングをすることが困難なため、虫歯や歯周病の原因になりやすいです。

○噛み合う歯がない場合

噛み合う歯がないと、対する歯茎に当たるまで伸び、痛みの原因になることがあります。

○他の歯に悪影響が出る場合

少しでも曲がっていることにより、手前にある歯のブラッシングが困難になり、虫歯や歯周病の原因になりやすくなることがあります。

○治療に悪影響がある場合

歯の矯正治療や、周囲の歯のインプラント治療を行う際に悪影響があると判断された場合は、抜歯することがあります。

抜歯をしない方が良い場合もありますので、安易に抜くという選択をするのではなく、しっかりと医師と相談してから決めることをお勧めします。心配な方は、ぜひ1度ご相談ください。

知覚過敏


冷たいものを口に含む時や歯磨きをしている時に、歯がしみることはありませんか?この原因の1つに、知覚過敏という症状があります。

エナメル質が傷ついたりすり減ったりすると、その下にある象牙質が露出し、痛みを引き起こします。象牙質には象牙細管という細い管が走っており、歯の中心にある神経につながっているため、歯がしみるようになると言われています。

当院では、知覚過敏に対して、象牙細管を封鎖するように薬を数回塗布し、様子を見ます。痛みが続く場合は、樹脂・セメンド等のコーティング剤を使用して、物理的に封鎖することで、痛みの伝達を防ぎます。また、ご自宅でも知覚過敏用の歯磨き剤の使用をお勧めします。症状が治まるまでの期間には個人差がございます。

知覚過敏そのものの治療も大切ですが、知覚過敏の原因となった現象を取り除くことも必要です。主な原因は、歯ぎしり、噛み合わせ、歯周病などがあります。知覚過敏の治療の前にまずはこの原因を追究してから治療に取り組むことにより、再発を防ぎます。

歯ぎしり・食いしばり


歯ぎしりや食いしばりの原因として挙げられるのは、ストレス(心因性)・合わない詰め物・無意識の癖などです。放っておくと、歯の破損、痛み、歯がすり減ることによる知覚過敏、歯周病の進行、頭痛、肩こり、顎関節症などになる可能性があります(これらの症状の全てが歯ぎしり・食いしばりによるものであはりません)。

治療といっても、ただ治すのはとても大変です。何が原因かを探ることが完治への第一歩です。

当院ではまず最初に、噛み合わせを調整してバランスを整えるためのマウスピースを作製し、歯と歯の摩擦を防止します。その後、生活を見直しや自己暗示法などでストレスの原因を探るなど、根本的な改善を目指します。

ページトップへ戻る