審美歯科|北千住 歯科・歯医者・定期検診・審美歯科・小児歯科 土曜日/評判/口コミ/おすすめ | ウルタ歯科

ウルタ歯科医院

  • 「北千住」駅徒歩5分
  • 午前 / 10:00~13:00
  • 午後 / 14:30~19:00(土曜は18:00まで)
  • 休診日 / 木曜・日曜・祝日
診療のご予約・お問い合わせはこちら	通話無料 0066-9718-1998	IP電話・光電話の方は  ☎03-3881-2572 へ
ネット予約24時間受付中

審美歯科


審美歯科とは、虫歯や歯周病などの病気を治療することが目的ではなく、「美しさ」に焦点を当てた歯科医療のことです。通常の保険治療だと、歯が欠けた部分に金属を詰めたり被せたりしますが、どうしても審美性が劣り、また安価な金属を使用することによる金属アレルギーの恐れなど、審美性以外の面でもデメリットがあります。

審美歯科治療とは、そういった様々なデメリットをクリアし、見た目だけではなくお口の中を総合的に美しくするための治療のことを言います。主に、自費治療となります。


※こちらで紹介している見た目や強度などの比較は、あくまで目安となります。実際は、歯や身体の状態によって異なる場合がございますので、詳しくは診察の際にご案内いたします。

保険治療

○CAD / CAM冠ハイブリッドクラウン



保険でできる審美歯科治療です。適用できる歯は限られますが、CAD/CAM装置(コンピュータ)の使用に限りハイブリッドレジン冠での治療が可能です。セラミック(陶器)とレジン(プラスチック)を混ぜた材料でできており、従来の保険適用治療に比べて丈夫です。また、金属を使っていないので、金属アレルギーの心配もありません、保険で白い歯にできます。しかし、色調が単調で長期間使用すると変色します。噛み合わせ等、歯の状態によってはお勧めできません。

見た目 強度 体への優しさ 価格 適用
★★ ★★ ★★★★☆ ★★★★★ 第1・2小臼歯
※条件付きで治療が可能な歯もあるのでご相談ください。

自費治療

○ハイブリッドセラミックス



中身に金属を使用し、表側をハイブリッドセラミックス(プラスチックにガラス粒子を多く混ぜる事により機能性を向上させたもの)を貼り付けたものです。保険のプラスチックのかぶせものよりも、長く白さを保てます。ただ、歯茎の黒ずみや金属アレルギーのリスク、経年により変色・すり減りの可能性があります。

見た目 強度 体への優しさ 価格 適用
★★★ ★★★ ★★★ ★★★ 全ての歯

○メタルボンド



中身は金属で作り、外から見える部分にのみ特殊なセラミックを貼り付けたクラウン(被せ物・差し歯)です。複数の歯に被せるブリッジにも適用可能です。中身が金属のため強度も強いですが、見た目はオールセラミックスよりも劣り、金属アレルギーのリスクがありますが、当院ではなるべく体にやさしい金属を使用するようにしています。

見た目 強度 体への優しさ 価格 適用
★★★★ ★★★★ ★★★★ ★☆ 全ての歯

○E-MAX



ガラスを主成分にしたセラミックでできており、透明感が高く色調も綺麗です。金属を一切使用しないので、金属アレルギーになる心配もありませんし、詰め物(インレー)にも適用できます。天然歯を同じ色調・形態を再現できる他、天然歯よりも強い強度を持っていますが、ジルコニア程の強度はありません。

見た目 強度 体への優しさ 価格 適用
★★★★ ★★★★ ★★★★★ ★★ 全ての歯

○ジルコニア



メタルボンドの中身にジルコニアを使用したものです。表面は特殊なセラミックを使用しており、細かい色調を再現できるのと、土台の金属(コア)が透けるのを防ぐ効果に優れていますので、審美性では1番優れています。金属を一切使用しないため、金属アレルギーの心配はありません。見た目・強度・体への優しさ、全てにおいて優れており、どの歯にも適用できますが、天然歯を大きく削る必要があるのと、高額になってしまうことがデメリットです。

見た目 強度 体への優しさ 価格 適用
★★★★★ ★★★★☆ ★★★★★ ★ 全ての歯

○パールクラウン



中身も表面もジルコニアを使用したものです。セラミックを使用しないため比較的安価でご利用いただけます。金属を使用しないため、金属アレルギーの心配はありません。但し、セラミックよりも透明感はなく、かなり白っぽくなるため、前歯などに使用すると逆に目立ってしまいます。そのため、通常は奥歯(臼歯)にのみ使用しています。

見た目 強度 体への優しさ 価格 適用
★★ ★★★★★ ★★★★★ ★★★★ 臼歯

コア治療

コアとは歯科用語で、「支台築造体」と言い、その名の通り「歯を支える台」のことです。虫歯になった部分を取り除き、根の治療を行った後は、クラウン(被せ物)を支える台としてコアを入れる必要があります。

コアの素材は、保険治療では金属を使用しますが、当院ではグラスファイバー系材料「ファイバーコア ポスト」も採用しています。より美しく、自然な仕上がりとなります。


○メタルコア(保険治療/自費治療)

保険でコア(歯の土台)を入れる場合は、メタルコアになります。安価な金属を使用するため、歯や歯茎が黒ずんだり、金属アレルギーになる恐れがあります。また、歯茎から金属が透けて見えてしまうことがあります。また、硬すぎることにより強い力が加わり、根を壊してしまうことがあります。審美性・身体との親和性ともにお勧めはできませんが、保険適用になるので安価で治療できるのが大きなメリットです。


○ファイバーコア ポスト(自費治療)

ファイバーの遷移を樹脂で固めたピンのような材料です。このピンを補強材にし、その周りの歯の色に似たグラスファイバー強化型樹脂でコアの形に整えます。適度なしなやかさがあり、衝撃を吸収することで根を壊しにくく、歯にもやさしい材料です。また、光の透過も歯に近いため、審美性にも優れています。金属を使用しませんので、金属アレルギーの心配もありません。

ページトップへ戻る