子どもの歯の治療|北千住の歯科、歯医者

お気軽に診療予約・お問い合わせください

  • 006697181998

    0338812572

  • ネット予約

受付 10:00〜13:00 / 14:30~19:00 ※土曜は18:00まで。木曜、日祝休診

子どもの歯の治療

虫歯治療

小さな頃の健康状態が大人になってからの健康状態に影響します。子供の頃からお口の健康を保つための習慣を身につけることが大切です。
必ず食事の後に歯磨きの習慣を身につけさせ、小学生くらいまでは親御さまが仕上げ磨き、あるいはきちんと磨けているかチェックをしてください。この習慣により、「他人に口の中を見られる」行為に慣れることで、歯科治療に積極的になる傾向があります。
また、食生活も重要です。毎日決まった時間に3食食べること、おやつを食べすぎないこと、そして食事の後にはすぐ歯を磨くこと。規則正しい生活を身につけるだけで、虫歯や歯周病になる可能性を大きく減らすことができます。

乳歯の虫歯

「どうせ永久歯に生え変わるんだから乳歯の虫歯は放っておこう」という方がいらっしゃいます。しかし、これは大きな間違いです。確かに、乳歯はいずれ抜けるので、虫歯が必要以上に悪化することはありません。しかし、虫歯のまま抜けてしまうと、永久歯の生え方に大きく影響します。
通常、前歯から順番に生え変わります。しかし、虫歯になって早く喪失してしまったり、歯のない状態が長く続いてしまったりすると、永久歯の生え方が狂ってしまいます。それにより、歯並びや噛み合わせが悪くなるのです。
乳歯は、永久歯が生えてくるスペースをとっておくという役割も持っています。どうせいつか抜けるから、と安易に考えるのではなく、虫歯かな?と思った時点ですぐに歯医者へ行くように心がけましょう。

フッ素塗布

フッ素とは、歯の表面にあるエナメル質を強くして虫歯を予防する成分です。成人の方にも行っていますが、最も効果が高いと言われているのは、乳歯や生えたての永久歯です。
お子様の歯は成人の歯に比べると未熟で、虫歯になりやすいです。反面、フッ素を取り込みやすく、継続してフッ素を塗布することで、歯を強くすることができます。フッ素の塗布は、「虫歯・歯周病の予防」と「歯を強くする」という2つの効果が得られます。

フッ素を施したからといって安心してはいけません。1番大切なのは、正しい食生活を送ること、そして毎日の歯磨き。フッ素はあくまで、それを手助けするためのものです。しかし、定期的に歯医者に通うことで、お口の健康への意識も高まります。また、当院ではフッ素塗布以外にも、虫歯予防についての指導を行っておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

シーラント

生えたての永久歯は非常に虫歯になりやすいため、生えかわり期は特に注意する必要があります。数あるケア方法の中でも最もメジャーで予防効果の高い方法が、シーラントによるものです。
奥歯の溝にプラスチックを埋め込んで、溝から虫歯になるのを予防する方法です。歯の溝は虫歯を最も作りやすく、逆に溝からの虫歯を予防することができれば、66.7%の虫歯を防げると言われています。

シーラントの流れ

STEP1 虫歯は歯の溝からできることが多いので、ここをシーラントで防ぐことで、虫歯を予防します。
STEP2 専用の器具を使い、普段の歯磨きでは落とせない汚れも丁寧に落とします。
STEP3 シーラントが歯の溝にしっかり接着するように、薬を塗布し、シーラントを流し込みます。
STEP4 歯の溝に流し込んだシーラントに光を当てて硬化させます。
STEP5 シーラントの完成です。

ページトップへ戻る