ドライマウスにご用心!|北千住 歯科・歯医者・定期検診・審美歯科・小児歯科 土曜日/評判/口コミ/おすすめ | ウルタ歯科

ウルタ歯科医院

  • 「北千住」駅徒歩5分
  • 午前 / 10:00~13:00
  • 午後 / 14:30~19:00(土曜は18:00まで)
  • 休診日 / 木曜・日曜・祝日
診療のご予約・お問い合わせはこちら	通話無料 0066-9718-1998	IP電話・光電話の方は  ☎03-3881-2572 へ
ネット予約24時間受付中

TOPICS


ドライマウス(口腔乾燥症)にご用心!

2017.11.09

朝起きたときなどに「口が乾いているなぁ・・」と感じることはありませんか?

 

ひょっとしたらそれはドライマウス(口腔乾燥症)かもしれません。

 

 

★ドライマウスはこんなに危険★

 

①むし歯、歯周病にかかりやすい

 

②口臭を引き起こす

 

③誤嚥性肺炎を引き起こす

 

など

 

 

 

~ドライマウスを簡単に解消する方法~

 

まずよく嚙んで食べる事で、唾液の分泌を促し、お口の中に潤いを与えます。

 

また口腔内が乾燥しているときにガムを噛んだり水分を十分とることなども唾液をだすためには有効ですが、唾液腺を直接刺激する「唾液腺マッサージ」もとてもオススメです。

 

簡単な方法として、主な唾液腺である「耳下腺(じかせん)」「顎下腺(がっかせん)」「舌下線(ぜっかせん)」を、5~10回づつ両手で優しくマッサージしましょう!

 

 

 

●舌下線

 

顎の先尖った部分も内側が舌下線です。両手の親指を揃え、顎の真下から舌を突き上げるイメージでゆっくりと押し上げます。

 

 

 

 

●顎下腺

 

顎の骨の内側の柔らかい部分が顎下腺です。耳の下から顎先まで、親指で何か所か押すようにします。

 

 

 

 

 

●耳下腺

 

耳たぶのやや前方、頬骨の下あたりに人差し指から小指までの4本を当て、円を描くようにまわします。

 

 

 

 

 

症状も治療法も様々です。

 

ポイントは、唾液の分泌を刺激する事なのです。

 

 

また唾液の分泌は全身の健康の目安にもなります。

 

ドライマウスの原因は加齢、薬の副作用、ストレス、口呼吸、食習慣の他、糖尿病や腎臓病、シェーグレン症候群などの病気の場合もあります。

 

 

乾燥した状態が続く場合にはお早めにご相談下さい。

 

 

 

 

ウルタ歯科医院   潤田 眞

ページトップへ戻る